UPDATE: 2018.01.31

ビットコイン(Bitcoin)のメリット・デメリットを解説

ビットコイン(Bitcoin)のメリット・デメリットを解説

「仮想通貨」や「ビットコイン」という言葉が最近、頻繁にテレビやニュースで取り上げられるようになり、一体どんなものか? と興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回は仮想通貨の代表、ビットコインについてその基本的な情報、またメリットやデメリットについてご紹介します。

そもそも、ビットコイン(Bitcoin)とは?


仮想通貨といえば、ビットコインを思い浮かべる方も多いかと思いますが、そもそもビットコインとは何でしょうか。

ビットコインは、正体不明の人物(団体)サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)がインターネット上に投稿した論文を元に、2009年に運用が始まったインターネット上で利用される通貨(=お金)です。

インターネット上に存在する通貨なので、円やドルと言った普通の通貨のように硬貨や紙幣としては存在していません。このため、"仮想的"な通貨ということで「仮想通貨」(あるいは「デジタル通貨」、「暗号通貨」)と呼ばれます。

仮想通貨はビットコイン以外にも多くの種類が存在していて、現在では1000種類以上の仮想通貨が存在します。ビットコインは世界で初めて作られた仮想通貨で、特別な存在です。

ビットコインは何に使えるの?


ビットコインはあくまで通貨なので、一般的な通貨と同じように、ビットコインに対応している店舗やネットショップであれば、物やサービスを購入することができます。また、店舗だけではなく、個人間での送金ももちろん可能です。

ビットコインの通貨単位は?

ビットコインにも、通常の通貨のように「円」や「ドル」といった通貨単位が存在します。ビットコインの通貨単位は「BTC(ビーティーシー)」というもので、1BTC、250BTCなどと表します。

また、ビットコインには0.00000001BTC=1Satoshiという最小単位が存在して、0.00035BTCといった表記も存在します(昔の日本であれば、10円50銭といったように「銭」という単位があったのと同じような考え方です)。

ポイントカードや交通機関のICカードとは違うの?


ビットコインはポイントカードや交通機関ICカードとは似ているようで全く違うものです。ポイントカードは特定のサービスの中で有効なカードで、通貨としては使えませんよね?

また、Suicaなどの交通機関ICカードも事前にお金を入金しているので、あくまで日本円を電子的に入れておける「財布」のようなものです。

一方、ビットコインは通貨=お金そのものなので、それ単体で利用が可能です。また、ビットコインは世界中どこへ行っても価値が同じなので、世界中で利用が可能です(例えば、日本円は外国では使えませんよね)。

ビットコインの仕組みはどうなっているの?


ビットコインの仕組みは、「ブロックチェーン」と呼ばれる技術によって支えられています。

このブロックチェーンと呼ばれるデータの塊の中に、ビットコインの全ての取引(決済)を記録していくことでビットコインは成り立っています。

ブロックチェーンについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

ビットコイン(Bitcoin)のメリット・デメリットとは?

ビットコインは今までの通貨にはない多くのメリットがあります。ここでは特にビットコインを特徴付けるメリットをご紹介します。

ビットコインのメリット

メリット①‖中央機関に依存していない

ビットコインの運営は、全て先に紹介した「ブロックチェーン」を元に行われています。これらは全てプログラムによって管理されており、通常の通貨のように政府や中央銀行が管理しているわけではありません。

ビットコインは中央機関によって運営されていないので、例えば通貨の供給量を調整して通貨の価値をコントロールしたりすることができません。

また、管理者がいないので国の有事の際の預金封鎖(お金が引き出せなくなること)などの心配もありません。

メリット②‖国境のない通貨


国が違えば、そこで使っている通貨も違います。日本であれば「円」、アメリカであれば「ドル」など通貨が異なっているため、円をアメリカで使用することはできません。利用する場合は、円をその時の相場に基づいてドルに両替する必要があります。

ところが、ビットコインはインターネット上で世界中の人や機関とのやりとりが可能なので、そのような両替は必要ありません。言わば、「国境のない通貨」です。

メリット③‖個人間送金が24時間365日可能

ビットコインのメリットの一つには送金の自由度が挙げられています。特に個人間送金が容易で、24時間365日可能です。通常の通貨のように送金の間に銀行が入っていないため、銀行を返すことなく直接個人間でビットコインの送金が可能です。

このように、ビットコインは今までの通貨では享受できなかったいくつかのメリットを持っていますが、もちろんデメリットもあります。

ビットコインのデメリット

デメリット①‖投機的(=ギャンブル)側面が強い

ビットコインは暴騰暴落を繰り返しており、価値の保存(貯金)には向かないという意見があります。

また、現状では本来の通貨としての利用よりも投資目的としてのビットコインの利用が多く、現状ではまだまだ投機的側面が強い通貨になっています。

デメリット②‖国による価値の担保がない

ビットコインはご紹介した通り、国が管理している法定通貨ではないため、ビットコインに何かあっても(例えば、価値の急落で突然、無価値になるなど)国は何も保証してくれません。全て自己責任での利用を前提としています。

デメリット③‖送金手数料の高騰


もともとビットコインは送金手数料が安いことがメリットの一つでありましたが、ビットコインの利用者数の増加に伴って、送金詰まりが発生して送金に時間がかかるようになっています。

送金を早めるためには高額な送金手数料を払わないといけないなどの問題も出ています。

まとめ

ビットコインは新時代の通貨として多くの注目を集め、成長を続けています。管理者がいない非中央集権型の通貨として世の中に大きな影響を与えています。

今回はそのビットコインのメリット、デメリットをご紹介しました。ビットコインの購入を検討されている方は、ビットコインの良い面だけでなく課題点も理解しておくことが大切です。