UPDATE: 2018.01.19

ICOの参加方法や購入方法を紹介。初心者向けに買い方などを解説

ICOの参加方法や購入方法を紹介。初心者向けに買い方などを解説

ICO(Initial Coin Offering)に参加しようと思っても、仮想通貨取引所からは参加することができないため、困っている方もいるのではないでしょうか? ICOトークンの買い方は、仮想通貨の買い方とは少し異なります。

今回は、ICO初心者に向けて、ICOの参加方法からトークンの購入方法までご紹介。ICOは、リスクもありますが、その分、リターンも大きい投資方法です。いろんな種類のトークンが出ているため、自分なりに好きなトークンに投資をしてみてください。

そもそも、ICOって?


ICOとは、企業が独自のトークンを発行することによって、投資家から資金を集める資金調達方法の1つです。ICOの特長としては、仮想通貨を通じて投資できるということです。つまり、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を企業側に投資をし、その見返りとして企業側が発行しているトークンをもらうという仕組みです。

実際に企業がICOによって集めた資金を使ってサービスやプロダクトを作って、世の中に価値を提供すれば、そこで使われるトークンの価値も上がり、トークンの購入時の価格との差額が利益として投資家には戻るという仕組みです。

ICO投資を行う、最大のメリットとしてはリターンの大きさです。多くのトークンは上場後、その価値を何倍にも上げており、従来の株式投資などではありえなかった利益を手にしている方もいます。しかし、もちろんICOへの投資参加には大きなリスクが伴います。

ICO参加の注意点


ICOへの参加(=トークンの購入)には大きなリスクが伴うことも認識しておきましょう。

詐欺の可能性

ICOは法整備などの規制がきちんとされておらず、詐欺事件も発生しています。ICOは、IPOなどとは違い、仲介業者や監査法人などが入らないため、企業的規模感がなくてもトークンを発行して資金を調達することができます。

そのため、大手企業から立ち上げのベンチャーまで幅広い会社がICOを使って資金調達が可能です。また、クラウドファンディング的な要素が強く、プロダクトがない状態でもICOすることができるため、詐欺として使われるケースも少なくありません。

価値下落の可能性

購入したトークンの価値は急落したり、ICO案件自体が白紙になり、突然無価値になることもあるので注意しましょう。詐欺ではないからと言ってリスクがゼロではないことを認識する必要があります。

ICOで詐欺に遭わないためにも


ICOで詐欺に遭わないためにも、「ホワイトペーパー(目論見書)」にはしっかりと目を通しましょう。ホワイトペーパーとは、事業計画や世界観、技術的なことなどが記載されています。

ホワイトペーパーは基本的に英語で書かれていることが多いですが、気になる通貨があったら、翻訳してしっかりと目を通すことをおすすめします。日本発祥のICOの場合は、ホワイトペーパーも日本語で書かれていることが多いため、日本発祥のICOを見つけて、そこから投資を行ってみるのも1つですね。

ちなみに、ホワイトペーパー自体に虚偽の内容が記載されていることもあります。しかし、今後ICOに投資をしていくのであれば、ホワイトペーパーに書かれている内容を理解できるリテラシーを身につける必要があります。

それが現状できる詐欺に遭わないための対策です。

ICOの参加方法とトークンの購入方法


ここでは、ICOへの参加方法とトークンの購入方法をご紹介します。流れとしては以下のようになます。

大まかなICOの参加方法とトークン購入方法の手順

① 仮想通貨を購入する
② 投資をする予定のICOトークンを決める
③ 専用のウォレットを作成する
④ 送金アドレスに向けて仮想通貨を送金する
⑤ ICOトークンを受け取る

① 仮想通貨を購入する


ICOトークンを購入するためには、仮想通貨を持っている必要があります。ICOトークンを購入する元でとして、大体は、「ビットコイン(Bitcoin)」「イーサリアム(Etheriam)」「ネム(NEM)」などが代表的ですが、中には「ライトコイン(Litecoin)」などの場合もあるため、どの仮想通貨をベースにしているかを見極めましょう。

② 投資をする予定のICOトークンを決める

ICOトークンを決めるために、ICOトークンに関する情報を集めます。代表的なものとして、Token Market(トークンマーケット)やICO COUNTDOWNなどがあります。日本語対応のICOサイトだと、COINJINJAがおすすめですよ。

③ 専用のウォレットを作成する

現状行われているICOの多くは、イーサリアムをベースに行われていることが多いので、イーサリアムをベースにウォレットを作成しておくことをおすすめします。イーサリアムベースのウォレットの場合、メタマスク(Metamask)やマイ イーサウォレット(My Ether Wallet)、ミスト(Mist)、パリティ(Parity)、アイムトークン(imToken)などが有名です。「仮想通貨取引所のウォレットではダメなの?」と思う方もいるかもしれませんが、ICOのトークンが正常に受け取れない場合なども可能性としてはあるので、専用のウォレットを作った方が無難です。

④ 送金アドレスに向けて仮想通貨を送金する

専用のウォレットを作成したら、参加予定のICOのアドレスに向けて仮想通貨を送金します。アドレスは、公式サイトに記載されていることが多いです。

送金する際に注意したい点としては、送金アドレスを間違えると仮想通貨が無くなってしまう可能性があります。そのため、何度も送金アドレスは確認しましょう。

ビットコインなどは、送金詰まりが起こることが多く、せっかくICOに参加しようと思っても送金がうまくされず、送金できないというケースがあります。人気なプロジェクトの場合、イーサリアムや他の通貨でも起こる可能性があるため、気をつけましょう。

⑤ ICOトークンを受け取る

無事に送金が完了すると、ウォレットにトークンの配布が行われます。

トークンが配布されたあとは、仮想通貨取引所に上場するのを待つのみです。上場されたあとは、他の仮想通貨と同じく、売買することができるため、配布されたトークンの価値を見定めながら売買を行いましょう。

ICO案件は山のように存在します。将来期待ができるICO案件から詐欺の案件まで多数です。最初から多額のお金を投資するのではなく、少額での投資をおすすめします。

ICOは、リスクが大きい投資になりますが、リターンも大きい魅力的な投資方法です。なるべく魅力的な案件に投資できるよう、ホワイトペーパーを読み解くリテラシーを身につけて、ICOの投資ライフを楽しみましょう。

ホワイトペーパーが読めるようになると、そのプロジェクトが実現しようとしている世界観なども知ることができるため、単に利益を出すためだけの投資以外の楽しみ方もできますよ。

まとめ

以上、ICO投資についてのご紹介でした。ICOに関しては仮想通貨取引以上にまだまだ未成熟な市場で、法整備も追いついていないのが現状です。

しかし、すでに多くのICO案件が巨額の資金調達に成功し、日々たくさんのICO案件が生まれてきている様子をみていると、今後さらに整備が進めば一般的な資金調達方法、投資対象になるのではないでしょうか。ICOに興味が湧いた方は色々と調べてみると面白いかもしれませんね。