UPDATE: 2018.01.30

クーコイン(Kucoin)の登録方法と使い方。日本語対応の海外取引所

クーコイン(Kucoin)の登録方法と使い方。日本語対応の海外取引所

By: KuCoin

仮想通貨の取引所と言えば、国内であればコインチェック(coincheck)やビットフライヤー(bitFlyer)が有名ですよね。

ビットコインやイーサリアムといった有名な仮想通貨も取り扱いながら、ライトコインやリップルといったアルトコインの中でも人気が高い仮想通貨を取り扱っています。

そんな中、注目されているのがマイナーなコインを取り扱っている海外の取引所です。マイナーコインを取り扱っている有名取引所だと、取引量世界一を誇るバイナンス(Binance)が最も有名ではないでしょうか?

今回は、第2のバイナンスとも呼び声の高い、クーコイン(KuCoin)についてご紹介します。

クーコイン(KuCoin)ってどんな取引所?

By: KuCoin

KuCoinは、2017年9月に香港で開設された仮想通貨取引所です。70種類近い仮想通貨を売買することができ、先ほど紹介したバイナンスには無い仮想通貨も取り扱っています。

マイナーコインを狙っている方は、KuCoinを合わせて登録しておくことをおすすめします。

クーコイン(KuCoin)の魅力①:仮想通貨の種類が豊富

KuCoinの1番の魅力は、やはり取り扱っている仮想通貨の種類が豊富なところです。コインチェックやビットフライヤーなど、日本の仮想通貨取引所とは比べものにならないくらい、たくさんの種類を取り扱っています。

マイナーコインをメインに投資しようと考えている人にとっては、おすすめの取引所です。

クーコイン(KuCoin)の魅力②:日本語対応だから使いやすい

海外の仮想通貨取引所では、日本語対応していない取引所はまだたくさんありますが、今回ご紹介のKuCoinは、日本語対応しているので日本人にも使いやすくなっています。

英語が苦手な人でも安心して仮想通貨を購入することができます。

クーコイン(KuCoin)の魅力③:手数料が安い!

ビットコインを購入する場合は、国内取引所のコインチェックなどは手数料0円ですが、アルトコインを購入する場合の手数料はスプレッドを含めると3%以上になります。

それに比べてKuCoinの場合は、約0.1%です。アルトコインの購入をする際はお得なKuCoinを使うことをおすすめします。

また、KuCoinで独自に提供しているトークン(Kucoin Shares/KCS)を保有している場合は、さらに手数料が安くなります。最大で0.07%まで手数料が安くなるため、KuCoinをメインの取引所にしていこうと考えている方は、KCSを保有しておくことをおすすめします。

KuCoinの魅力④:Kucoin Shares/KCSを保有していると毎日配当金が

先ほど紹介した、KCSを保有していると毎日配当金がもらえる仕組みがKuCoinにはあります。配当報酬はKuCoin全体で発生した手数料の50%がKCSの保有量に応じて配当される仕組みです。

取引所全体の手数料が増えればもらえる配当額は増えますし、自分が持っているKCSの保有量が増えても、配当額を増やすことが可能です。

クーコイン(KuCoin)の登録方法

Kucoinは、メールアドレスだけで登録することができます。コインチェックなどのように、本人の写真を送る必要がないため、すぐに登録することが可能です。

アカウントを作成

まず、下記リンクからKuCoinの公式サイトにアクセスしましょう。

KuCoinの公式サイトにアクセスしたら右上にある言語選択から「日本語」を選択しましょう。

サイトを日本語に直したら、その上にある「新規登録」をクリックして登録画面へ移動します。

登録画面へ移動したら、メールアドレス・パスワード・確認用パスワードを入力する欄があります。その欄に必要情報を入力したら「次」のボタンをクリックします。

KuCoinの場合パスワードは大文字・小文字・数字を含んだものにしなければなりません。

正解例
Kasoutuuka30

ダメな例
→kasoutuuka30
→Kasoutuuka

「次」をクリックしたタイミングで、入力したメールアドレスにKuCoinからメールアドレス確認メールが転送されます。

メールを開封するとKuCoin側からURLが届いています。そのURLをクリックすると、登録完了です。

2段階認証


アカウントの登録が完了すると、2段階認証を設定できるようになります。2段階認証には、Google Authenticatorが必要になるため、アプリをダウンロードしておきましょう。KuCoinの管理画面からでもダウンロードは可能です。

2段階認証を設定する際は、「Google 2-ステップ」と描かれている部分が画面真ん中辺りの左側にあるため、そちらをクリックしましょう。
そうすると、2段階認証設定画面へアクセスすることができるので、そちらで設定しましょう。

KuCoinで取引をしてみる

ほとんどの海外取引所の場合、コインチェックやビットフライヤーのように日本円で入金することができません。そのため、他の取引所からKuCoinに送金する必要があります。

まず初めに、上にあるメニューの「資産」をクリックしましょう。そうすると、KuCoinで取り扱いかがある仮想通貨が一覧で見ることができます。

そうすると、「実行」と記載されている部分に各仮想通貨「入金」と「出金」と記載されているボタンがあります。

「入金」をクリックすると入金用のアドレスを入手することができ、「出金」をクリックすると出金先アドレスを入力する画面へアクセスできます。

KuCoinに入金

KuCoinでBTCを入金する場合は、ビットコイン(BTC)の「入金」ボタンをクリックします。そうすると、ビットコインの入金アドレスが表示されます。

このアドレスを他の取引所の「出金」操作の画面の「アドレス」部分に入力して、KuCoinに送金します。

注意点としては、アドレスを間違えるとお金が戻ってこないので、何度も確認をしましょう。

ここでは、日本の仮想通貨取引所「コインチェック」からKuCoinにビットコインを送ってみたいと思います。

1.コインチェックへアクセス

まずは、コインチェックにアクセスをして、ログインします。そのあとに、上のメニューにある「ウォレット」をクリックし、「コインを送る」をクリックします。

2.送金する仮想通貨と必要項目を入力する

「コインを送る」画面へアクセスしたら、初めにどの仮想通貨を送るのかを選択します。今回の場合は、ビットコインを送るので、ビットコインを選択します。

送る仮想通貨を選択したら、「新規ラベル」の部分に自分がわかりやすい名前をつけます。そうしたら、「新規宛先」部分にKuCoin側から発行された入金アドレスを入力します。

この際、入金アドレスの間違いと、仮想通貨の間違いに注意しましょう。

まとめ

KuCoinは第2のバイナンスと呼ばれる仮想通貨取引所です。マイナーコインの取引をしたい方は是非とも登録しておきたい仮想通貨取引所です。

その他、日本の取引所にはない、(Kucoin Shares/KCS)の配当金などのシステムがあるため、マイナーコインの取引をメインとしていない方でも注目する余地のある仮想通貨取引所です。