UPDATE: 2018.01.22

仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく仕組みや始め方を解説

仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく仕組みや始め方を解説

今、ビットコインをはじめとした「仮想通貨(暗号通貨)」が投資家から非常に注目を集めています。しかも、ニュースやメディアなどで頻繁に取り上げられるようになり、投資経験のない一般層からも注目を浴びているという状況です。

今回は、「仮想通貨とはそもそもなんですか?」という初心者の方に向けて、その仕組みや始め方をわかりやすくご紹介します。

仮想通貨とは?

仮想通貨(暗号通貨)とは、インターネット上で利用できる仮想的な通貨で、一般的な通貨(円やドルなど)と同じように、色々なサービスや物の売買に利用できるものをいいます。世の中にはすでに、ビットコインを始めとしてすでに1000種類以上の仮想通貨がありますが、基本的には以下のような枠組みに当てはまるものを指しています。

仮想通貨の定義


金融庁が提示している資金決済に関する法律(改正資金決済法)の第2条5項、6項では次のように定義されています。

“この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの“

仮想通貨と電子マネーの違いって?

仮想通貨の定義をみると、ざっくりとはインターネット上で使える電子マネー(コンビニで使えるポイントや各種交通機関ICカードなど)と同じようなものに思えてしまいますが、その違いはなんでしょうか?

実は、仮想通貨と電子マネーは似ているようで全く違うものです。ものすごく簡単に言ってしまえば、仮想通貨は「お金」そのものであるのに対して、電子マネーは事前に入金したお金を電子的に管理する「お財布」になります。それぞれの違いを下の表にまとめてみました。

仮想通貨=ビットコインではない

仮想通貨と聞くと、どうしても「ビットコイン(Bitcoin)」の印象が大きいですが、全くイコールの意味ではないことに注意しましょう。テレビのニュースやメディアの情報ではビットコインばかりが取り上げられることが多く、仮想通貨=ビットコインと考えてしまいがちですが、仮想通貨の方がより広い意味を持っています。

しかし、ビットコインは世界初の仮想通貨で、現在存在しているその他の仮想通貨(アルトコイン)は全て、ビットコインの技術を参考に生まれてきたものになります。そのため、特に海外の取引所などでは、アルトコインを購入する際にはビットコインを使って購入することが多いです。このことから、ビットコインは仮想通貨市場の「基軸通貨」と呼ばれます。

仮想通貨の仕組みとは?

仮想通貨とは何か?というところがわかったところで、いよいよその仕組みをご紹介します。仮想通貨の仕組みを支えるキーワードは「ブロックチェーン」です。

現在あるビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の多くは独自の技術や特徴を持っているものも多くありますが、基本の仕組みは次のようになっています。

取引の台帳「ブロックチェーン」


ビットコインを始め、多くの仮想通貨では「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を使って仮想通貨の取引データを管理しています。ブロックチェーンでは、仮想通貨の全ての取引を記録していて、ある一定量の取引データを一塊のブロックとして保存し、それ以降はまた次のブロック・・・とそれらのブロックをつなぎ合わせて管理しています。この“ブロックをつなぎ合わせている“というイメージから「ブロックチェーン」と呼ばれているのです。

では、どうしてこのような取引データの記録をしているのでしょうか?

実は、セキュリティの面からこのような仕組みをとっています。ブロックチェーンはすべての取引記録が記録された「台帳」のようなものです。もっとわかりやすく言ってしまえば、みんなの銀行通帳を全てまとめ上げたようなものになっています。もし、この“通帳”を書き換えられてしまうと、個人の預金額などがめちゃくちゃになってしまいますよね? 仮想通貨がお金として機能するためにはこのようなことがあってはいけないわけです。

そこで、ブロックチェーンでは、データをブロックに分けることで、その内容を書き換えるにはその前のブロックを書き換えて、そのためにはその前のブロックを書き換えて・・・とそれ以前の全てのデータを修正する必要があるようにして、セキュリティを担保しているわけです。

ブロックチェーンは誰が管理しているの?

仮想通貨の仕組みはブロックチェーンによって支えられているにはお分かりいただけたかと思いますが、では、このブロックチェーンデータは誰が支えているのでしょうか?

仮想通貨には、前節の表にもあるとおり、発行主体が存在しません。つまり、中央に銀行(例えば、日本銀行など)があってそこがお金の管理をしているような仕組みにはなっていないのです。仮想通貨では、「P2P」と呼ばれるネットワークを駆使してブロックチェーンを管理しています。P2Pでは、特定のコンピュータ(中央サーバー)にデータを保存するのではなく世界中のコンピュータをつなぎ合わせて全体で管理をする手法をとっています。(下図参照)

このように仮想通貨のブロックチェーンは世界中の無数のパソコンによって管理されているのです。

取引の正確さをみんなで担保:マイニングの仕組み

P2Pによって、実際にブロックチェーンに記録されていく取引データは「マイニング(採掘)」と呼ばれる特殊な計算作業によって行われます。このマイニングをP2Pネットワーク上のみんなで行うことでブロックに記録される取引データが正しいものであること保証しています。

※マイニングの仕組みについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨のメリット


このように仮想通貨の仕組みは世界中のコンピュータをつなぎ合わせることによって実現している大規模な仕組みです。では、ここまでして仮想通貨を使いたい理由、メリットはどのようなものでしょうか?

直接送金のメリット

一般的に送金を行う際には自分の銀行口座から相手の銀行口座に送金というように、間に銀行がどうしても入ってきてしまいますよね。でも、ビットコインを始め仮想通貨ではそのような必要はなく直接送金することが可能です。

手数料が格安

上記のように間に銀行がいないため、送金手数料が格安です。国内間での送金に関しては仮想通貨でもそこまで差はないのが現状ですが、特に外国への送金(国際送金)に関しては、為替レート等の考慮も必要ないので、格安で送金が可能になります。

監視や制限がない

仮想通貨での決済では銀行を仲介しないため煩わしい手続きや余計な料金が発生しません。また、仮想通貨の単位・価値は世界中どこでも同じなので為替による制限もありません。

仮想通貨のデメリット・危険性


仮想通貨には上記のような今までの通貨では実現し得なかったメリットがありますが、もちろんデメリットやリスクもあります。

投機的側面が大きい

ビットコインを始め、各種仮想通貨は値動きが激しく、投資対象としてみた時にハイリスク・ハイリターンな対象になります。また、仮想通貨自体が突然、無価値になってしまう(仮想通貨を運営しているプログラムが終了してしまうなど)も可能性としては考えられます。仮想通貨は少なくても現状では投機的(=ギャンブル)な対象として認識しておく必要があります。

ハッキングリスク

仮想通貨に使われているブロックチェーン技術は非常にセキュリティレベルが高く、前項でご紹介した通り、ハッキングリスクなどは低いと考えられています。しかし、実際に仮想通貨の取引を行う取引所などはその限りではなく、仮想通貨取引所のハッキングリクスがあることは認識しておく必要があります。例えば、日本でおきた事件としては、当時世界最大のビットコイン取引所だった「マウントゴックス取引所」でおきた事件などが有名です。

※「マウントゴックス事件」についてはこちらの記事をご覧ください。

実用性がまだまだ

仮想通貨は通貨として、いろいろな商品やサービスの購入に利用されるのが将来的な目標ではありますが、まだまだ利用できるお店などは少なく、実用性はまだまだといった状態です。

仮想通貨を始めるにあたっての注意点


仮想通貨を始めるにあたって、事前の注意点を紹介します。これから仮想通貨を購入してみようと考えている方は以下のような点に注意しましょう。

全て自己責任

仮想通貨はその成り立ちから、その価値を保証してくれる主体は存在しません。通常の通貨であれば国や政府がその価値をコントロールしていますが、仮想通貨にはそのような団体や機能はないので、ある日突然、価値がなくなってしまうこともあります。購入をする際にはその点をよく理解して購入しましょう。

相場が安定していない

仮想通貨の市場は、非常に移り変わりが激しく、相場が安定していません(その分、大きな投資リターンが得られる面もあります)。仮想通貨を購入して頻繁な取引をすると、損をする可能性も上がるだけでなく、相場を一日中見ることになり時間を取られてしまいます。

法整備が追いついてない→詐欺がある

現在、1000種類以上の仮想通貨が世の中には存在しており、その中には実態の伴っていない詐欺通貨も存在します。このような通貨に投資してしまうとお金を持ち逃げされてしまう可能性があります。現状、仮想通貨に関して先進的な日本国内においても法整備が追いついておらずこのような詐欺被害にあってしまうリスクが多分にあります。

取引所のリスクを把握しておく

前項でも触れましたが、仮想通貨を扱うには取引所を利用する必要がありますが、これらの取引所は万が一の際に預けている仮想通貨を保証するといったことはほとんどないため、仮に取引所が破綻してしまった場合はそこに預けていた仮想通貨を取り戻すことはできません。
(※マウントゴックス事件がその例)

仮想通貨に関する情報は自分で判断する

仮想通貨に関する情報はまさに、“生もの”といった様相を現在はしており、一週間前の情報があっとゆう間に使えない情報になってしまうこともざらにあります。仮想通貨に関する情報を収集する際にはご自身で判断をして利用するスタンスが重要になります。

仮想通貨の始め方


以上、仮想通貨には多くのメリットや金融革命と呼ばれるほどの革新的な技術が利用されている一方で、詐欺リスクや投資リスクなどのデメリット部分も持ち合わせている発展途上の対象であることをご紹介しました。

ここからは、それらを踏まえて、実際に仮想通貨を買ってみようとお考えの方に仮想通貨の始め方をご紹介します。

仮想通貨の購入は仮想通貨取引所で行います。取引所でアカウントを作成し、日本円を入金して購入します。国内の取引所で初心者にもお勧めできるのが、下記の取引所になります。

コインチェック(coincheck)


初心者にも使いやすい管理画面と、スマホアプリが人気の取引所です。国内取引所の中では一番アルトコイン の取り扱い数も多く(12種)、ビットコイン以外にもアルトコインの購入を考えている方にもおすすめです。

ビットフライヤー(bitFlyer)


国内資本力No.1の取引所です。運営のセキュリティもしっかりしており、大手企業の株主が多数ついている安心感があります。また、ビットフライヤーの社長は日本ブロックチェーン協会の会長も務めていることも人気の秘訣です。

ザイフ(Zaif)


取引をすればするほどお得になるというマイナス手数料を導入しているユニークな取引所です。また、ビットコインによる積立投資といった他の取引所にはないメニューを用意しています。

まとめ

「新時代の通貨」、「インターネット以来の大発明」とまで呼ばれる仮想通貨。その技術はまだ発展途上でありながら多くの可能性に満ち、未来の新常識になろうとしてます。仮想通貨に興味を持たれた方は、上記のリスクもわかった上で仮想通貨ライフを始めてみてはいかがでしょうか。