UPDATE: 2018.01.19

ビットコインの購入方法をご紹介。初心者でもわかるビットコインの買い方

ビットコインの購入方法をご紹介。初心者でもわかるビットコインの買い方

連日のニュースやCMで耳にしない日は無いようになった「ビットコイン(bitcoin)」。
なんだかビットコインの価格がどんどん上がっているらしい・・・、今のうちに買ってみたいけど、どうやって買うのかいまいちよく分からないし、仮想通貨投資って難しそう・・・。 そんな風に考えている方のために、今回はビットコインの購入方法を初心者でもわかるように優しくご紹介します。

そもそもビットコインって何?

ビットコインは2009年に運用が開始された仮想通貨です。もちろん「仮想的」な通貨なので普通の通貨(円やドル)のように触ったりすることはできません。電子マネーやポイントカードのポイントのようなイメージを持っている方も多いかと思いますが、れっきとした通貨なので通常の通貨と同じように物を買ったりすることもできます。

ビットコインはお金として利用することもできますが、ビットコイン自体の価値が上下するので、投資の対象として捉えている人が現状ではほとんどかと思います(株式投資と同じ考えですね)。

ビットコインは2017年に入ってから急速に価値が高騰しており、今までに無い新しい投資対象として世界中の多くの人から注目を浴びています。

ビットコインの入手方法とは?


ビットコインを始め、その他の仮想通貨の入手方法はいくつかあります。

ビットコインの入手方法

・仮想通貨取引所・販売所で購入する
・OTC(Over the Counter)取引をする
・個人・法人からもらう

三番目の方法は、身近にビットコインを保有している知り合いがいれば手軽に済みますが、仮想通貨投資が初めてという方にはなかなか難しいかもしれません。まずは、1番ポピュラーな入手方法である取引所・販売所で入手する方法がおすすめです。

ビットコインを取引所で購入する

ビットコインを取引所で購入するには、まずは仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。初心者におすすめの取引所としてはビットフライヤー(bitFlyer)、コインチェック(coincheck)が使いやすくておすすめです。(各取引所での口座開設方法はコチラ)

取引所でビットコインを購入するには、あらかじめ取引所口座に日本円で入金して準備しておきます。ビットコイン取引所は、ビットコインを売りたい人と買いたい人をマッチングする場所です。株式投資をやったことがある方ならすぐにイメージがつくかと思いますが、「板(スレッド)」と呼ばれるビットコインの売買注文板を見て、自分が欲しいビットコインの数量と金額を指定して購入します。

ビットコインを販売所で購入する

取引所と同様に、取引所口座に日本円を入金しておきましょう。販売所でのビットコインの購入では注意したい点があります。それは手数料です。取引所の場合は、自分で希望の価格を入れて(マッチングすれば)購入ができます。販売所で購入する場合は、希望の数量を即時に購入することができる分、取引所へ支払う手数料が加算されます。(※スプレッドと呼ばれる、売値と買値の価格差が発生します。)

個人・法人からビットコインをもらう

身近にビットコインを保有している人がいる方でしたら、直接やりとりをして個人間でビットコインの売買が可能です。もちろん、取引所を介さないので手数料はかかりません。

また、法人からもビットコインをもらうことも可能で、例えばビットフライヤー(bitFlyer)の「ビットコインをもらう」のタブからは各種サービスへのお申し込みやアンケートに回答することでビットコインをもらうことができます。

例)
・エポスデザインカードの新規発行で4200円相当のビットコインをプレゼント
・じゃらんnetで宿泊予約をすると料金の1%相当のビットコインをプレゼント  etc.

無料でビットコインがもらえるので非常にお得です。

ここまでが基本的なビットコインの入手方法になります。ビットコインをさらに入手したいという気持ちがある方は以下のOTC取引も視野に入れてみるといいかもしれません。

ビットコインをマイニング(採掘)して入手する


実は、ビットコインは一般の通貨のように国や政府が発行し、管理をしている通貨ではなく、マイニング(採掘)と呼ばれる膨大な計算(コンピュータを使って計算します)を経た末に発行される通貨です。このマイニングには非常に多くの時間と準備(マイニングを行うための機材を用意するなど)の労力を必要とします。

ビットコインでは、このマイニングが世界中の有志の人によって行われており、マイニングの報酬(謝礼)としてマイニングを成功させた人にビットコインを支払っています。このマイニングに参加することでビットコインを得ることが可能です。
※ただし、初心者が取り組むには現段階ではすでに大規模な事業に変革しているためなかなか難しいのが現状です。

ビットコインATMで購入する


実は、ビットコインはすでに通常のATMと同じようにビットコインが買える専用のATMがあります。ビットコインATMを使うと現金で直接ビットコインを購入することが可能です。また、逆にビットコインを市場価格に合わせて現金で引き出すことも可能です。ただ、まだ国内では導入数が少ないのが現状です。今後、ビットコインがさらに市場に浸透したら台数も飛躍的に増えるかもしれません。

ビットコインを購入するのにはいくら必要?

ビットコインの入手方法はわかったけど、ビットコインを買うのに一体いくら必要なの?という声が聞こえてきそうですね。確かに、現在ビットコインは連日浮き沈みを繰り返しながらも確実に値上がりを続けています(1ビットコイン=1BTC=約170万円 2017/12/28)。

さすがに、いきなり170万円も投資をするのはなかなか難しいですよね。でも、安心してください。実は、ビットコインは0.01BTCから購入が可能です。なので、例えば1BTC=170万円だとしても、0.01BTC=1万7千円で購入が可能です。これからの値上がりに期待をすれば普通の株式投資よりもはるかに低リスクで投資を始められるのではないでしょうか。

ビットコインを早速購入してみよう!

それでは早速、ビットコインを購入してみましょう。ビットコインの購入手順はとても簡単で、
1. 取引所で口座の開設
2. 口座に入金
3. 入金したお金でビットコインを購入
の3ステップで完了します。順番に見ていきましょう。

取引所でアカウント(口座)を開設する

まずは、取引所に登録して口座を開設しましょう。ビットコインを扱う取引所は数多くあり、「日本国内の取引所」と「海外の取引所」があります。海外の取引所にはビットコインの多数のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を取り扱っているなど魅力的な部分が数多くありますが、初めての方には英語表記などのハードルになる部分があるので、国内の取引所の方がおすすめです。日本国内の取引所でおすすめなのが、ビットフライヤー(bitFlyer)、コインチェック(Coincheck)、ザイフ(Zaif)の3つです。

ビットフライヤー(bitFlyer)


初めてビットコインを取引所で購入する場合におすすめしたいのでビットフライヤーです。ビットフライヤーは国内ビットコイン取引所の中では資本金も最も多く、初めての方でも安心して取引ができます。また、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルの3大メガバンクが揃って出資しているほか、GMOグループやSBIインベストメントなど有名企業がこぞって株主に名を連ねていることからもビットフライヤーの安定感がわかるかと思います。サイトの作りも非常に使いやすく、初心者にはぴったりです。

コインチェック(Coincheck)


最近勢いに乗っている取引所が、コインチェックです。タレントの出川哲朗さんを起用したCMを見た方も多いのではないでしょうか。実は、コインチェックは日本一の仮想通貨取引量を誇り、取り扱い銘柄も日本最多となっています。今後、ビットコイン以外の仮想通貨の購入も考えている方はコインチェックがおすすめです。販売所での手数料が割高なのが痛いところではありますが、取引所でのビットコイン取引は手数料がかからないのでビットコインから始める人にも自信を持っておすすめできます。

ザイフ(Zaif)


ザイフは取引手数料マイナス0.01%というボーナス制度を導入していたり、日本で初めてXEM(ネム)の取り扱いを開始したりとビットフライヤーやコインチェックにはないユニークな特徴を持った取引所です。また、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、多数の銘柄を取り扱っている点も魅力です。マイナス手数料のメリットを享受しするためにも、頻繁に取引をする方におすすめの取引所になります。

ビットコインを実際に購入してみましょう

自分の気に入った取引所を見つけたら、アカウントを開設しましょう。アカウント開設には通常の銀行口座の開設を同じように本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)が必要になるので事前に準備しておくとスムーズです。

アカウントを開設したら、ビットコインを購入するための資金を口座に入金しましょう。
入金方法にはいくつか方法があります。

・クイック入金(Pay-easy入金)
・コンビニ入金
・銀行振込
・(クレジットカード決済)

クイック入金はパソコンやスマホから入金ができるので素早くできるのがメリットですがて手数料がかかります。最後のクレジットカード決済を取り扱っている取引所(ビットフライヤーなど)もありますが、こちらはクレジットカードの決済手数料もかかってしまうためあまりオススメしません。初めての場合は銀行振込が通常の振込手順でお金を入金出るのではじめての方でも安心してできます。

入金が完了したら、ビットコインを購入できるようになります。基本的にはどの取引所でも似たような作りなので、ここではビットフライヤー(bitFlyer)の画面でご紹介します。

購入したい数量を入れると、その時のレートでの金額が表示されるのであとは、購入ボタンを押すだけです。取引所の場合も同様に、購入・売却ができます。ビットフライヤーでのビットコインの最小取り扱い単位は0.01BTCからですので、最初は一番小さな単位で購入してみるのがおすすめです。

まとめ

以上がビットコインの購入方法です。ビットコインを入手するのには多数の方法がありますが、現状では取引所を使って入手するのが一般的です。2017年に入ってビットコインの価格が急激な値上がりをしていて「ビットコインバブル」と呼ばれるほどになっています。バブルはいずれ崩壊するとも言われていますが、ビットコインを始め、仮想通貨には将来確実にインフラ化することが予想され中身のあるものだと思います。将来の新しい価値に投資をするのは投資活動の基本です。まずは、皆さんもビットコインの購入から始めて見てはいかがでしょうか。