UPDATE: 2018.02.15

ビットコインFX(証拠金取引)とは?やり方から仕組みまで解説

ビットコインFX(証拠金取引)とは?やり方から仕組みまで解説

仮想通貨を利用したFX取引が人気を集めています。ビットコインだけでなく、アルトコインでのFX取引も可能になる中で、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。今回は、ビットコインを使ったFX取引について、やり方から仕組みまでを詳しくご紹介します。

ビットコインFX(証拠金取引)とは?


国内の仮想通貨取引所では、仮想通貨(主にビットコイン)を使った証拠金取引が可能です。例えば、bitFlyerやGMOコインなどでは、

・bitFlyer→bitFlyer Lightning
・GMOコイン→仮想通貨FX

というサービス名でビットコインを使った証拠金取引をすることができます。

仮想通貨の証拠金取引とは、簡単に言ってしまえば、「仮想通貨のFX取引」のことです。

そもそも、証拠金取引(レバレッジ取引)とは?


証拠金取引(+レバレッジ取引)とは、証拠金と呼ばれる元手の資金を元に、レバレッジをかけて差金決済できる売買サービスです。少し難しいですが、簡単に言ってしまえば、手元にあるお金以上の金額で取引を行える売買サービスです。

ビットコインの証拠金取引では、普通のビットコインの売買取引(現物取引)と比較して、少ないお金でも大きなお金を取引できる、ハイリスク・ハイリターンな取引になります。

もう少し詳しく証拠金取引、特にビットコインの証拠金取引についてみてみましょう。

特徴1.ビットコインの受け渡しがない


ビットコインの通常の取引(現物取引)では、ビットコインを日本円で購入することで、ビットコインを所有します。その後、ビットコインの価格が上昇し、買った時の金額よりも高い金額で売れれば、その差額が利益になります。

例えば、1BTC=100万円の時に購入して、その後、ビットコインの相場が上がり、1BTC=110万円になった時に売れば、差額の10万円が利益になります。

一方、ビットコインの証拠金取引では、同様にビットコインを買って、売った時の差額で利益を出すという点は同じですが、その仕組みは全く異なります。

ビットコインの証拠金取引では、先の例で言えば最終的な差額の10万円だけ資金の移動が発生し、それ以外の部分では資金移動が発生しません。

上の例で言えば、ビットコインの購入に100万円を支払っていますが、100万円は支払いません。また、売る時に110万円を受け取っていますが、受け取りません。

このような「取引した現物のやりとりがなく、取引の結果部分だけ残高に反映される仕組み」を「差金決済」と言います。

注意点としては、証拠金取引で購入したビットコインは送金できません(そもそも、購入しても持っていないから)。

特徴2."売り"からも取引ができる

By: bitbank Trade

ビットコインの証拠金取引では、現物取引ではできない、"売りからの取引"が可能です。

差金決済の仕組みから、先に売って、あとで買い戻すことで利益を出すことが可能です。例えば、1BTC=100万円の時に、売って、1BTC=90万円の時に買い戻しをすれば、差額の10万円を利益として得ることができます。

現物を取引する必要がないので、このような売りから入る取引をすることができます。

特徴3.大きな金額を取引できる


ビットコインの証拠金取引では、元手の資金よりも大きな金額を取引できる「レバレッジ取引」というものが採用されています。

レバレッジ取引では、例えば、元手10万円で、100万円の取引が可能です。この時、10万円に対して100万円なので「10倍のレバレッジがかかっている」と言います。

取引例

元手が10万円で、1BTC=100万円の時に、1.5BTC=150万円を購入しました(=レバレッジ15倍)。その後、1BTC=120万円になったので、1.5BTC=180万円で売りました。この時の利益は30万円(=180万円-150万円)です。

レバレッジをかけて取引をすることで、少ない元手でも多くの利益を得ることができますが、当然、価格が下がってしまった場合に被る損害も大きくなります。レバレッジをかけた取引は非常にハイリスク・ハイリターンであることを認識しておきましょう。

証拠金取引で押さえておきたい用語


ここでは、証拠金取引を行う上で最低限、理解しておきたい用語をご紹介します。

買い注文・売り注文

どれだけビットコインを買うのかまたは、売るのかということ。

ポジション

注文を入れてその注文が成立したあと、まだ決済していない状態を「ポジションを持っている」といいます。

この状態ではまだ損益は確定せず、含み益や含み損が発生しています。

ロング

買い注文を入れることを言います。買い注文を入れて、ポジションを持つことを「ロングポジションを持つ」と言ったりします。

ショート

売り注文を入れることを言います。売り注文を入れて、ポジションを持つことを「ショートポジションを持つ」と言ったりします。

証拠金

取引を始めるにあたって、はじめに入れる元手金のこと。例えば、レバレッジ10倍で100万円の取引をしたい場合は、最低10万円の証拠金が必要です。

証拠金維持率

証拠金に対して、口座内の残高がいくらあるかを示す指標のことです。計算式では、

(口座内資金 - 含み損) ÷ 必要証拠金 × 100

で計算されます。

追証(おいしょう)

証拠金維持率が一定値を下待った場合、追加の証拠金を求められることがあります。これが追証です。

ロスカット

証拠金維持率が一定値を下回った場合(=含み損が増えた場合)、これ以上の損益が出ないように強制的に現在のポジションで決済をする仕組みです。

ビットコインFXができる仮想通貨取引所

国内の主要取引所で、ビットコインFXができる取引所をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー) / Lightning FX

特徴 高速取引、高いセキュリティ保証
最大レバレッジ 15倍
対応通貨 BTC

ビットコイン取引量日本一を誇るbitFlyerが展開するビットコインFX、「Lightning FX」。ライトニングの名称通り、高速取引でサクサク動かせます。

レバレッジは1倍・2倍・3倍・5倍・10倍・15倍を用意。Lightning FXの取引手数料は無料(キャンペーン期間中のみ)なのも魅力です。セキュリティにもかなり力を入れているbitFlyerだけあって、安心した環境でFX取引ができます。

GMOコイン / 仮想通貨FX

特徴 専用スマホアプリ有り、最低スプレッド500円
最大レバレッジ 一律5倍
対応通貨 BTC

インターネット会社大手のGMOが手がけるビットコインFXサービスです。24時間365日の取引可能、最低スプレッド500円、取引手数料無料、追加証拠金制度なしなど、ユーザーにとって嬉しいサービス展開しているのが魅力です。レバレッジは一律5倍なので大きく利益を狙うには不向きな面もあります。

スマホ専用アプリは初心者の方にも使いやすい仕様となっているだけでなく、レバレッジ取引を頻繁にされる方にも強い味方です。バランスのいい取引所としておすすめです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン) / レバレッジ取引

特徴 アルトコインレバレッジ、DMM.com証券譲りの使いやすいツール
最大レバレッジ 5倍
対応通貨 BTC,ETH,XEM,XRP,LTC,ETC,BCH

DMMグループが提供する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」。ビットコインはもちろんリップル、イーサリアム、ライトコインなど7種類の豊富な仮想通貨を取り扱っています。DMM Bitcoinの魅力は何と言っても、アルトコインレバレッジ取引で、通貨ペア数は14種類と豊富です。

取引ツールもDMM.com証券で展開していたFXサービス譲りの使いやすさで人気があります。また、スマホアプリも初心者にもわかりやすい画面でおすすめです。

BITPOINT(ビットポイント) / ビットポイントFX

特徴 ハイレバレッジ取引、MT4ツール
最大レバレッジ 25倍
対応通貨 BTC

2倍・5倍・10倍・25倍の4種類のレバレッジコースを利用できます。仮想通貨のFXでは珍しい最大25倍のハイレバレッジをかけて取引が可能です。大きく利益を狙う方にはおすすめの取引所です。

また、高機能な分析ツールのメタトレーダー4(MT4)を取引ツールとして使用できます。MT4はPCだけでなくiPhone/Androidスマホアプリにも対応しているのでいつでも取引が可能です。

bitbank Trade(ビットバンクトレード) / BTCFX

特徴 追証なし、BTCで証拠金可能
最大レバレッジ 20倍
対応通貨 BTC

提供しているビットコインFXサービスでは、取引できる通貨ペアはBTC/USDに限定されている本格派です。取引するにはまず最初に、口座に証拠金として日本円やドルではなくビットコインを使用する徹底ぶりで、少しハードルは高めです。

また、レバレッジは最大20倍までと、BITPOINTに次ぐハイレバレッジでの取引が可能です。

Zaif(ザイフ) / 信用取引

特徴 追証なし、アラート機能
最大レバレッジ 7.77倍
対応通貨 BTC,MONA

Zaifの信用取引では最大7.77倍のレバレッジを利用可能です。また、日本発の仮想通貨であるモナコインを使ってもFX取引ができるのがユニークなところです。

追証もないところもユーザーには嬉しい特徴です。仮想通貨を使った積立投資やマイナス手数料を導入しているザイフならではのFXサービスを展開しています。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) / レバレッジ取引

特徴 ハイレバレッジ取引、タイトスプレッド
最大レバレッジ 25倍
対応通貨 BTC,ETH,ETC

2倍・4倍・5倍・10倍・25倍まで5パターンのレバレッジを選択可能です。最大レバレッジは25倍のハイレバレッジ取引が可能です。取引の対象となる仮想通貨は、ビットコインとイーサリアムの2種類を選択できす。

BTCに関しては、日本円や米ドルをはじめ、ユーロ、豪ドル、シンガポールドルなど10種類の通貨ペアで取引可能です。

まとめ

証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引です。特に、値動きの激しい仮想通貨を使った証拠金取引はさらにハイリスクなものとなります。うまくいけば、多くの利益を望めますが、失敗した時は大損をしてしまいます。常にリスクヘッジは行い、自己判断で取り組むようにしましょう。