UPDATE: 2018.01.19

海外の仮想通貨取引所のおすすめランキング。手数料が安いところから日本語対応の取引所まで

海外の仮想通貨取引所のおすすめランキング。手数料が安いところから日本語対応の取引所まで

仮想通貨の取引所は日本国内だけではなく、海外にも存在します。国内の取引所であれば、コインチェック(Coincheck)やビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)などが有名ですが、取引量だけでいうと海外の取引所の方が1日あたりにたくさん仮想通貨の取引がされています。

今回は、海外の取引所でもおすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介。まだ、海外の仮想通貨取引所を使ったことがない方は、ぜひチェックしてみてください。

海外の仮想通貨取引所のメリット

取り扱っている仮想通貨(アルトコイン)の種類が多い

海外の仮想通貨取引所のメリットは、取り扱っている仮想通貨(アルトコイン)が多いことです。日本の取引所でもコインチェックなどは複数のアルトコインを取り扱っていますが、取り扱い銘柄数では海外の取引所には圧倒的に及びません。

海外の取引所の場合、ビットコインを始め、イーサリアムやリップルなどといった有名で人気のあるアルトコインから上場間もないマイナーなコインまで多数存在しています。

アルトコインをメインに購入を検討している方にとっては海外の取引所がおすすめです。

アルトコインの取引手数料が安い

海外の取引所は、日本の取引所に比べアルトコインの取引手数料が安いです。現在、取引量No.1のバイナンスは、アルトコインの取引手数料が一律0.1%です。例えばコインチェックのアルトコインの手数料と比較すると、スプレッドを含めると3%を越えるため、圧倒的にお得ですよね。

1日に何回もアルトコインの取引を行っている方には、国内の取引所よりも安く取引を行えるため、海外の取引所を利用することをおすすめします。

日本国内でも手数料が低い仮想通貨はありますが、ほとんどがビットコインに限った話ですので、広告などに惑わされないようにしましょう。

仮想通貨取引所発行の独自の仮想通貨がある

先ほどご紹介したバイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)は、独自のトークンであるバイナンスコイン(BNB)やクーコイン(KCS)が存在します。バイナンスコインもクーコインも保有している割合に応じて、その仮想通貨取引所での手数料がさらに安くなったり、クーコイン(KCS)の場合は、毎日配当金が支給されたりなどの特典が存在します。

海外取引所のデメリット

日本語対応がされていない

海外取引所の場合、日本語対応されていな場合が多く存在します。先ほどご紹介したバイナンスやクーコインは日本語対応されておりますが、それでも他の海外取引所はまだまだ日本語対応になっていないことが多いです。(※2018年1月19日現在、バイナンスはメンテナンスのため、日本語非対応になっています。)

日本円での入金ができない

コインチェックやビットフライヤーは、日本円での入金をすることができますが、海外の取引所のほとんどが日本円での入金をすることができません。

そのため、自分が保有しているビットコインやイーサリアムを使って、海外の取引所に入金する必要があります。入金手順を間違ってしまうと入金予定だった仮想通貨が返ってこないといったケースも生じてしまいますので、入金処理を行う場合は、慎重に行いましょう。

海外の仮想通貨取引所の選び方

自分が欲しい仮想通貨(アルトコイン)があるかをチェック

やはり海外の取引所のメリットとして、アルトコインの種類が多い点が挙げられます。今後通貨価値として上がりそうな仮想通貨を取り扱っているのか、自分が欲しかった仮想通貨を取り扱っているのかを確認しましょう。

手数料をチェック

せっかく取引で利益を出そうと思っていても、手数料が高ければ本末転倒です。なるべく手数料が安いところを選ぶのがポイントです。取引する通貨によって手数料が変動する海外の取引所もありますが、一律の手数料になっている取引所を選びましょう。特に初心者の方が海外の取引所を使う場合は、手数料一律の取引所の方がわかりやすくて使いやすいですよ。

また、バイナンスやクーコインのように、仮想通貨取引所発行の仮想通貨をもっていると手数料がさらに安くなる仮想通貨取引所もあるため、たくさん取引を行う人はチェックしておくと良いでしょう。

スマホアプリが用意されているかをチェック

海外の取引所の場合、スマホアプリが用意されていない(承認がおりていない)場合があります。また、Androidではアプリが用意されているけど、iOSだとアプリがないというケースもあります。そのため、自分の持っているスマホのOSに対応したアプリがリリースされているかアプリストアからチェックしておきましょう。

海外の仮想通貨取引所おすすめランキング

海外の仮想通貨取引所を選ぶ際は、どんなところに注意すれば良いかわかったかと思います。そこで、海外で仮想通貨の取引におすすめの取引所をランキング形式でご紹介します。前述で説明した選び方やメリットと照らし合わせながら比較してみてください。

1位 バイナンス(Binance)

By: Binance

バイナンスは開始5ヶ月足らずで、取引量が世界1位になった海外の仮想通貨取引所です。取り扱いされている仮想通貨の種類も80種類以上あり、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など有名な仮想通貨を始め、ヴァージ(XVG)やクアンタム(QTUM)など日本ではあまり有名ではないマイナーコインまで取り扱っています。

また、ICOが終了し、上場してきた新規仮想通貨も複数あるため、今後に期待できるアルトコインも多数用意されています。とりあえず、海外の取引所で取引をするなら是非とも登録しておきたいおすすめの海外取引所です。

手数料:一律0.1%(BNBコイン保有に応じ、最大0.05%まで引き下げ)
日本語対応:日本語対応
スマホアプリ:アプリ有り

2位 クーコイン(KuCoin)

By: KuCoin

取引量は、まだ世界TOP10に入っていませんが、クーコインは第2のバイナンスと呼び声の高い海外の取引所です。クーコインは、バイナンス同様「KuCoin Shares(KSC)」という取引所独自のトークンを発行しており、これを保有していると保有量に応じて取引の手数料が安くなります。

KSCはこれだけではなく、KSCを保有していると毎日配当金が支給されます。配当割合は、クーコイン全体で生じた手数料の50%が保有数に応じて分配される仕組みです。そのため、ただクーコインを持っているだけでもどんどん仮想通貨が自動的に溜まっていく仕組みになっています。

仮想通貨の長期保有を考えている人にはおすすめしたい海外取引所です。また、アルトコインもバイナンスには無い仮想通貨を取り扱っているため、アルトコインに投資したい人にもおすすめしたい海外取引所です。

手数料:一律0.1%(KCS保有数に応じ、最大0.07%まで引き下げ)
日本語対応:日本語対応
スマホアプリ:アプリなし

3位 ビットレックス(BITTREX)

By: Bittrex

ビットレックスは仮想通貨の取り扱い数が200種類を超える海外取引所です。そのため、まだ有名になっていないマイナーコインを購入して、投資額の10倍以上を目指したいと考えている人にはおすすめの取引所です。

取引手数料自体は、上記で紹介したバイナンスやクーコインよりは若干高く、一律0.25%です。バイナンスやクーコインで取り扱っている通貨の取引を行おうと考えている方はそちらをおすすめします。

ビットレックスを使う方は、ビットレックスでしか取り扱いがないマイナーコインを購入したい方が良いでしょう。

手数料:一律0.25%
日本語対応:日本語非対応
スマホアプリ:アプリあり

まとめ

今回は、海外の仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介しました。それぞれの取引所によって、メリット・デメリットがあり、取り扱いがある銘柄も違います。また、今後上場してくる仮想通貨に関しても、ご紹介した取引所以外で上場する可能性もあります。自分が欲しいアルトコインを購入するためにも、複数の海外取引所への登録をおすすめします。