UPDATE: 2018.01.19

【初心者必見】仮想通貨の始め方。口座開設から買い方、換金方法まで解説

【初心者必見】仮想通貨の始め方。口座開設から買い方、換金方法まで解説

最近、テレビCMなどでも紹介され頻繁に耳にするようになった仮想通貨。興味はあるけど、どうやって初めていいかわからない、なんだか怖いイメージでいまいち、踏み出せないでいるという方に、今回は仮想通貨の始め方を口座開設からご紹介いたします。

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨を始める前に、まずは簡単に仮想通貨とはについておさらいしておきましょう。

仮想通貨(暗号通貨)とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物やサービスの対価に使用できるもので、専門の取引所を介して円やドルなどの実際の通貨と交換できるものの総称です。大雑把に言ってしまえば、データとして存在している“仮想的な”通貨ということになるでしょうか。仮想的な通貨とはいえ、列記としたお金であることは間違いないのでしっかりとしたセキュリティ管理がなされた上で存在しています。そのセキュリティを支えるのが「ブロックチェーン技術」と呼ばれるものです。ブロックチェーンにご興味があるかたはこちらで詳しくご紹介しています。

仮想通貨の種類

一口に「仮想通貨」といっても、世の中には1000種類以上の仮想通貨が存在していることをご存知でしょうか? その中でも、仮想通貨は大きく2つの種類にわけられます。

ビットコイン


世界で始めての仮想通貨は、今ではよく聞くようになったあのビットコイン(bitcoin)です。ビットコインはサトシ・ナカモトと名乗る人物により投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。ビットコインは現在、仮想通貨の中では最大の時価総額を有しており、流通量も最大となっています。

アルトコイン


アルトコイン(alternative coin)はビットコインから派生したコインで、セキュリティを強化したものや、使用目的を限定したものなどそれぞれに特徴をもったコインになります。ビットコイン以外のすべての仮想通貨はこのアルトコインになります。代表的なアルトコインとしてはイーサリアム(ethereum)、リップル(ripple)、ネム(NEM)などがあります。

初心者にはどの仮想通貨がおすすめ?

ここではこれから仮想通貨を始めてみたいという方にむけて、おすすめの仮想通貨をランキング形式でご紹介いたします。まずは、以下でご紹介するコインについて調べてみるのも仮想通貨ライフへの第一歩ではないでしょうか。

1位:ビットコイン


何はともあれ、仮想通貨の元祖といえるビットコインが最初に購入しておくべき銘柄ではないでしょうか。仮想通貨全体に占めるシェアもNo.1であることから、その将来性に期待を寄せている人は多くいます。また、2009年の運用開始から成長を続けており、特に2017年はビットコイン史上最大の成長率(約245%)を記録しています。今後も成長は続くと考えられますので“まずは”という方にはぜひとも保有していただきたい銘柄になります。

2位:イーサリアム


イーサリアムはビットコインに次いで、時価総額が高いアルトコインです。イーサリアムは「スマートコントラクト」と呼ばれるセキュリティの高い機能を実装しておりその点を評価している投資家も多くいます。2017年に入ってからの成長率はなんと3000%と驚異的な成長を見せています。ビットコインとの比較でも、いかにイーサリアムが注目を浴びているかがわかるかと思います。

3位:ライトコイン


ビットコインやその他の仮想通貨では通常、その仕組の問題から決済(より正確にはトランザクションの確認)に多くの時間がかかってしまう問題を抱えています。ライトコインはこの問題をクリアすることでより実用性の高いコインとなることを目的に開発されました。時価総額では現在5位(2017年12月現在)とトップに位置しており、今年に入ってからの成長率も800%以上と驚異的です。

イーサリアムやライトコインなどの主要アルトコインについては、特にビットコインの価格上昇に比例することが多いのが特徴です。これから仮想通貨を始める方はまずはビットコインを買ってみて、動きに慣れてから上位のアルトコインを買い足すという方法がおすすめです。

仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨の種類についてはわかったけど、それでもやっぱりよくわからなくて不安という方もいるかと思います。ここでは仮想通貨投資を始めるにあたり、事前に認識しておいたほうがいいメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット

1.新しい投資対象で期待値も高く、爆発的に価値が上昇する可能性を秘めている。

仮想通貨投資のメリットは何といってもその将来性です。すでに簡単に触れたように仮想通貨の成長率・価格上昇は目を見張るものがあり、その投資効果は他の投資商品とは比較にならないものがあります。

2.中央機関に依存していない

仮想通貨には通常の通貨(円やドルなど)のようにそのお金の発行主体が存在しません。仮想通貨の安全性はブロックチェーン技術によって単一の運営主体に依存しない形で担保されています。通常お金の管理は銀行や国に任せる(=信用して預ける)ことによって済ませてしまいますが、もしこれらの機関が破綻やハッキングなどによって機能がなくなってしまった場合、そこに預けていたお金を引き出すことができなるかもしれないですが、仮想通貨にはそのリスクがありません。

3.送金が早くて、手数料が安い

普通のお金を送金する際には銀行を介して行いますが、仮想通貨の場合は個人間でのやり取りが基本になります。(もちろん、企業とのやりとりもあります。)銀行を挟んだ場合はみなさんも経験がある通り、多くの手数料が取られてしまいますが、仮想通貨の場合は少額で済みます。

4.分散投資として活用できる

実は、仮想通貨はその発行量が予めプログラムで決定されています。(イメージとしてはよく「金」に例えられます。)金の埋蔵量にも上限があるように仮想通貨にも上限があります。(※そうでない銘柄もありますが・・・)円やドルのように国が管理している通貨は事実上無限に発行することが出来るため、ハイパーインフレのようなリスクをはらんでいます。仮想通貨は前述したとおり、発行量が予め決まっているため、資産の一部を仮想通貨として持っておくことは資産のリスク分散として有用な方法になります。

上述したように、仮想通貨には良い面がたくさんありますがもちろん下記のような課題も抱えています。

デメリット

1. ハイリスク・ハイリターン

すでにご覧頂いたとおり、仮想通貨は日々の値動きが非常に激しいため、投資的観点からはかなりのハイリスク・ハイリターンな対象になります。仮想通貨自体が、まだまだ新しい対象で世の中的にも認めている人が多くはないという面が現れているとも考えられます。ただ、2017年に入り、ビットコインなどの主要コインの値動きは上下はありつつも右肩上がりで安定してきています。今後もこのトレンドはしばらく続くのではないでしょうか。

2. ハッキングリスク

仮想通貨のセキュア面に関しては、ブロックチェーン技術が活用され高度なセキュリティを保っています。しかしながら、仮想通貨はあくまでインターネット上の通貨なので、常にハッキングされてしまうリスクを伴っています。実際に起きたハッキング事件として有名なのは2014年に起きた「マウントゴックス社のビットコイン消失事件」があります。しかし、事件の一つの原因には投資をしていた投資家たちが自身でしっかりと「ウォレット」の管理をしていなかった点にあります。しっかりと自身で仮想通貨を管理できればハッキングリスクは低くなります。

3. ネット環境依存

当たり前の話になりますが、仮想通貨を扱う上でインターネット環境は必須になります。スマホやパソコンが使えない状況では何もできないし、仮想通貨の価値も0に等しいという点は忘れないようにしましょう。

仮想通貨を始めるにあたっての準備

ここまでざっくりと仮想通貨を始めるにあたって必要な知識をご紹介してきました。仮想通貨を「ちょっと怖いけどはじめてみようかな?」と思えたらもう準備OK! とはいかないのですが、それでも仮想通貨を始めるのは非常に簡単です。準備に必要なのは以下の3点のみです。

1.取引所に登録
2.入金(銀行 or コンビニ振込)
3.コインの購入

特に仮想通貨の取り扱いは「取引所」という仮想通貨を売買するウェブサイトに登録することで行えます。取引所の開設にはメールアドレスの他、免許証などの本人確認用書類が必要になります。銀行で口座を開設した経験があれば特に問題ないでしょう。

ここでは一番ポピュラーな「Coincheck」の開設手順を例にご紹介します。

手順1. 取引所に登録

1.まずは取引所の公式サイトにアクセスしましょう。

注)facebookアカウントをお持ちの方ならfacebookのアカウント認証を使って簡単にログインできるので便利です。

2.サイトの最初の画面でメールアドレスとパスワードを設定してログインしましょう。すぐに登録したメールアドレスにメールでURlリンクが届くので、そちらのリンクから再度ログインしましょう。

3.本人確認書類を提出
アカウント登録後は、「本人確認書類の提出」が必須になります。電話番号認証後、住所・氏名・生年月日などの情報を入力し、免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を写真に撮ってアップロードしましょう。本人確認書類提出後に2,3日で簡易書留でハガキが届きます。これで本人確認は終了です。取引所で売買ができるようになりました。

手順2. 購入するコインを決める

取引所の準備が整ったらいよいよ、購入です。購入するコインを決めましょう。基本的にはメジャーどこの銘柄から購入するのがおすすめですが、投資は自己責任ですので自分が気に入ったコインを購入してもよいでしょう。コインの購入は、例えばビットコインの場合であれば最低購入価格が500円なので500円から購入がスタートできます。

ニュースなどを見ているとビットコインの価格が高騰していて高くてなかなか買えないと考えている方もいるかもしれませんが、実はビットコインの最小単位は0.00000001BTC(1億分の1)なので、たとえ1BTC=1億円でも、最小単位は1円です。少額から投資を始められるのも仮想通貨の利点と言えるでしょう。

仮想通貨購入後に気をつけたポイント

晴れて仮想通貨を購入し、仮想通貨投資をスタートさせた初心者に是非とも気をつけていただきたいポイントをご紹介します。

1.複数の取引所にアカウントを作る

分散投資の考えからも、複数の取引所でアカウントを開設して仮想通貨を購入するようにしましょう。各取引所のそれぞれにメリット・デメリットが存在するのでそれを把握しておくのも大切です。

2.ウォレットの管理をしっかりする

マウントゴックス事件からもわかるように、取引所側に何か問題が発生した際に、ウォレットをしっかりと管理していない場合、大切な資産を丸々失う可能性があります。ウォレットについてはこちらで詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

3.目的(=ゴール)を決める

これは意外と大事なことですが、仮想通貨投資をしていくら利益を得るかのゴールを決めて投資をしましょう。少額でとりあえず、という場合ももちろんですが、特に本格的に投資を行うと考えている方は事前にそのゴールを決めておくと良いでしょう。コイン購入時に、いくらで売却するのかを決めておくと良いでしょう。

4.自分で判断する

仮想通貨投資を始めると、多くの情報を耳に入れることになると思いますが、これらの情報に惑わされずにご自身で判断していくことが大事です。

まとめ

今回は仮想通貨初心者の方に向けて、仮想通貨の基本情報や口座開設方法などをご紹介しました。日本では世界に先駆けて法整備などを進めており、国内の仮想通貨取引所も多く設立され始めています。仮想通貨が作り出す未来に向けて日本を始め世界の国々が動き出しています。仮想通貨に少しでも興味を持たれた方はこの記事で紹介している取引所をのぞいてみるといいかもしれませんね。