UPDATE: 2019.09.20 20:10:02

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン / SRN)とは?仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン / SRN)
SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン / SRN)
0.00円 0%
ランキング
時価総額
0.00億円
取引量(24h)
0.00億円

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)の基本情報

公式サイト 公式サイトのページ
ホワイトペーパー ホワイトペーパーのページ
公開日 2017年10月18日
最大発行枚数 -
流通枚数 -
承認アルゴリズム -
ハッシュアルゴリズム -
Twitter Twitterのページ
Facebookページ Facebookのページ

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)とは?

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)は、スイスの会社であるSIRIN LABS(シリンラボ)が発行する仮想通貨です。

SIRIN LABS(シリンラボ)は、世界初のブロックチェーン技術を用いたスマートフォン「FINNY(フィニー)」を開発中で、SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)はFINNY製品の販売や関連アプリの販売に利用されます。

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)は、具体的な「スマートフォン」というプロダクトと表裏一体の関係であり、様々な仮想通貨プロジェクトの中ではプロダクトとトークンの関係がはっきりしており期待が高まっています。

ブロックチェーンスマホ「FINNY(フィニー)」は、2018年10月に日本を含めてリリース予定であり、それに伴ってSIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)にも期待が寄せられています。

紹介動画

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン/SRN)の特徴とは?

ブロックチェーンスマホ「FINNY」に紐づく、SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)には以下の特徴があります。

特徴1.わかりやすいトークン設計

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)は、Ethereum(イーサリアム)ベースのERC-20トークンです。

その利用目的は、単純明快でSIRIN LABS(シリンラボ)のプロダクトであるブロックチェーンスマホ「FINYY(フィニー)」および関連する商品・アプリの販売・購入に利用されます。

それ以外の主だった目的は今の所決められておらず、純粋にプロダクトに付随するサービストークンと言えます。

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)はメインチェーンにEthereum(イーサリアム)のパブリックチェーンを現在は使用していますが、将来的にはIoT(Internet of Things)との応用を視野に入れてIOTA(アイオータ)のネットワークへの切り替えが予定されています。

特徴2.世界初のブロックチェーン・スマートフォーンで競合がいない

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)、特にその利用対象である「FINNY(フィニー)」は、世界初のブロックチェーン技術を応用したスマートフォーンということで競合がいません。

現在、ブロックチェーンの有用な応用先が世界中で検討されていますが、スマートフォーンへの応用は世界中に大きなインパクトを与えるのではと期待している人も多くいます。

一部では、「FINNY(フィニー)」は次世代の「iPhone(アイフォーン)」として大きなシェアをとるのではないかと期待している人もいるほどです。

ブロックチェーンスマートフォン:FINNY(フィニー)とは?

By: sirinlabs.com

現状のスマートフォンは、iPhoneとAndoroidに大別されますが、以前からそのセキュリティの低さが指摘されており、公共のWifi環境を利用した際のハッキングリスクなどが問題になっています。

この現状を打破するためにSIRIN LABS(シリンラボ)が開発を進めるブロックチェーン技術を活用したスマートフォンが「FINNY(フィニー)」です。

FINNYの特徴

FINNYには高度なセキュリティを実現する以下の特徴があります。

SIRIN OSの特徴

・P2Pネットワークを活用したネットワーク共有機能
・内蔵型コールドストレージ機能付き仮想通貨ウォレット
・分散型台帳承認機能

シリンラボ・サイバープロテクション

・行動ベースの第3者侵入防止システム
・ブロックチェーンベースの改ざん防止機能
・物理セキュリティスイッチ(ウォレット用)
・高度なセキュリティを保ったメッセージ機能
・生体認証、行動認証、パスコード認証による3段認証機能

上記のように、現状のスマートフォンの脆弱性を改善する様々なセキュリティ機能が搭載されており、将来的にモバイル端末で日常的に仮想通貨を扱う際の問題点を克服しているのがFINNY(フィニー)です。

FINNY(フィニー)は、ハードウェアウォレットが内蔵されており、スマホ自体をコールドウォレットとして機能させることができます(コールドストレージ機能)。

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン/SRN)が期待される理由

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)は、多くの仮想通貨に関する情報が飛び交うTwitterで非常な人気を見せており、多くの期待が寄せられています。

また、新聞などでも「FINNY(フィニー)」が取り上げられるなど、社会的な関心も大きくなってきています。

なぜ、ここまで期待が寄せられているのでしょうか?

理由1.大手取引所への上場

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)は、続々と大手取引所への上場を果たしており、そのため噂レベルではない仮想通貨自体の信頼度も向上していることが人気の理由の一つです。

2018年2月14日には、米国大手のBittrex(ビットトレックス)へも上場を果たし、大幅な値上がりを記録しています。

理由2.プロダクトへの期待

冒頭からもご紹介している通り、SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)はそれが使われるFINNY(フィニー)をはじめとした、SIRIN LABS(シリンラボ)が製造しているプロダクトと表裏一体の関係です。

近い将来、ブロックチェーンに対応したデバイスが確実に需要が高まることが期待されており、それゆえにSIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)への期待も高まっているという構図になっています。

理由3.広告塔にメッシ選手を採用

さらに、FINNY(フィニー)がアンバサダーとして超スター選手であるプロサッカー選手のリオネル・メッシさんを広告塔としてCMに起用したことも3つ目の理由として挙げられます。

今まで仮想通貨にそこまで興味がなかった層へも、効果的にアピールすることに成功し、SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)への期待感アップへ貢献しました。

理由4.仮想通貨Bancor(バンコール)もスマートフォンの可能性に期待

DEX(分散型取引所)として期待されている「Bancor(バンコール)」の創始者であるGuy Benartzi氏も世界初のブロックチェーンスマートフォンに期待をしています。 

動画内ではその様子が語られています。

SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン/SRN)の将来性


しっかりとしたプロダクトベースでの開発を続けるSIRIN LABS(シリンラボ)が発行するSIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)の将来性はどうでしょうか。

一言で言ってしまえば、FINNY(フィニー)の普及にかかっていると言えるでしょう。

FINNY(フィニー)および、その他のブロックチェーン技術を利用したSIRIN LABS(シリンラボ)のプロダクトが普及すれば、自動的にSIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)の価値も上昇すると考えられます。

懸念点は、FINNY(フィニー)は世界初のブロックチェーンスマートフォンですが、AppleやGoogleが今後同様の商品をリリースしないとも限りません。

そうなった際に、市場で大きなマーケットを確立できるかどうかが問題になるかと思います。

現状では、大手の取引所への上場で評価額をあげている段階ですが、SIRIN LABS Token(シリン・ラボ・トークン)が本当に試されるのは今後と言えるでしょう。