UPDATE: 2019.05.24 23:10:01

Nexus(ネクサス / NXS)とは?仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Nexus(ネクサス / NXS)
Nexus(ネクサス / NXS)
0.00円 0%
ランキング
時価総額
0.00億円
取引量(24h)
0.00億円

Nexus(ネクサス)の基本情報

公式サイト 公式サイトのページ
ホワイトペーパー ホワイトペーパーのページ
公開日 2014年06月19日
最大発行枚数 -
流通枚数 -
承認アルゴリズム SHA3
ハッシュアルゴリズム -
Twitter Twitterのページ
Facebookページ -

Nexus(ネクサス)とは?

Nexus(ネクサス)は、「Nexus Earth」と呼ばれる地球規模の分散型ネットワークの提供を目指す仮想通貨プロジェクトです。

Nexus(ネクサス)のプラットフォーム上で利用される通貨を同じく、Nexus(ネクサス)と言います。

Nexus(ネクサス)では、長期的なネットワークの拡大を視野に入れ、3Dブロックチェーンの導入や、最先端の通信衛星を組み合わせた分散型データソリューションを提供します。

元は、Viz(ヴィズ)というプロジェクト名称でしたが、2015年4月11日からNexus(ネクサス)にリブランドを行いました。

Nexus(ネクサス)は、計画されている通信衛生と地上ネットワークを通じて、世界中に無制限のインターネットアクセスを提供し、貧富の差に関係なく地球上の誰もが利用できる分散型ネットワークを目指しています。

紹介動画

仮想通貨Nexus(ネクサス)の特徴とは?

Nexus(ネクサス)には、下記のような特徴があります。

特徴1.世界初の3次元ブロックチェーン

By: Nexus

Nexus(ネクサス)は、「3-Dimensional Chain(3DC)」と呼ばれるブロックチェーン機能を採用しています。

3DCは、3つの承認チャネルを独自に実装しており、ブロックチェーンを3DCと呼ばれる3Dプロセスに変換します。

3DCは、Nexus(ネクサス)が提唱する「Nexus Earth」実現のためのリソースの分散化と利用を促進するために設計された効率的で安全、かつスケーラブルなフレームワークです。

特徴2.量子耐性

By: Nexus

Nexus(ネクサス)は、量子耐性を備えた仮想通貨です。近い将来、現在のコンピューターよりもずっと高い計算能力を持った量子コンピューターが登場することが予想されています。

Nexus(ネクサス)では、量子コンピューターでも計算が難しい、1024bitのハッシュ値を利用したブロックチェーンを利用することで、高いセキュリティを実現しています。

ちなみに、Bitcoin(ビットコイン)では、256bitのハッシュ値を利用しているので、単純にNexus(ネクサス)は4倍の計算強度を持ちます。

特徴3.独自の通信衛星ネットワーク

By: Nexus

Nexus(ネクサス)は、Vector Space Systems(Vector)との提携により、VectorのGalactic Skyソフトウェア定義プラットフォームを使用することで、低軌道(LEO)衛星ネットワークでデジタル通貨および自律インターネットインフラに世界規模でアクセスすることができます。

Nexus(ネクサス)は、さまざまな分散型アプリケーションとサービスを結びつけるために、地上と宇宙に双方からメッシュネットワークを構築する予定です。

このメッシュネットワークによって、すべての人がグローバルな情報ネットワークに手頃な価格でアクセスできるようになります。