UPDATE: 2019.03.20 18:10:01

PIVX(ピヴクス / PIVX)とは?仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

PIVX(ピヴクス /  PIVX)
PIVX(ピヴクス / PIVX)
91.98円 0.84%
ランキング
96位
時価総額
52.23億円
取引量(24h)
0.60億円

PIVX(ピヴクス)の基本情報

公式サイト 公式サイトのページ
ホワイトペーパー ホワイトペーパーのページ
公開日 2015年11月25日
最大発行枚数 -
流通枚数 56,781,166 PIVX
承認アルゴリズム Quark
ハッシュアルゴリズム -
Twitter Twitterのページ
Facebookページ Facebookのページ

PIVX(ピヴクス)とは?

PIVX(ピヴクス)は,Bitcoin(ビットコイン)とDash(ダッシュ)を元に開発された匿名性とマイクロトランザクションに優れた分散型プラットフォームです。

名称の「PIVX(ピヴクス)」とは、Private Instant Verified Transactionの頭文字からきており、完全な匿名性を持った、即時決済技術の開発を目指している仮想通貨です。

PIVX(ピヴクス)は、公開当初Darknet(ダークネット)と呼ばれるコインでしたが、コミュニティの理念・思想と通貨の名称に乖離があったためリブランディングを行いPIVX(ピヴクス)となりました。

紹介動画

仮想通貨PIVX(ピヴクス)の特徴とは?

By: PIVX

Bitcoin(ビットコイン)とDash(ダッシュ)のソースコードを元に開発されたPIVX(ピヴクス)には以下のような特徴があります。

特徴1.非常に高い匿名性

PIVX(ピヴクス)は、匿名系仮想通貨の中でもトップクラスの匿名性を有しているのが特徴です。

Dash(ダッシュ)由来の、「Coin join(コインジョイン)」と呼ばれる、複数の送金情報を一度まとめて、その後再分配をして送金をする方法採用しています。

これによって、誰が誰にいくら送金したのかが第3者からはわからないようになっています。

さらに、PIVX(ピヴクス)では、上記の仕組みに加えて、Zcash(ジーキャッシュ)で採用されている「ゼロ知識証明」と呼ばれる仕組みも採用することで、匿名性を高めています。

特徴2.即時決済が可能

PIVX(ピヴクス)では、PoS(Proof of Stake)を承認アルゴリズムに採用しており、Bitcoin(ビットコイン)と比較して、約10分の1の承認時間で済みます。

特徴3.可変リワードシステム

PIVX(ピヴクス)では、PIVを得る方法が3つあります。

1.マスターノードを運用する

2.マイニングの報酬

3.コミニティをサポートする

PIVX(ピヴクス)では、コインの保有数やコミュニティへの貢献度などによって報酬額が変動し、PoSの問題点として指摘されているコインの所有量が多い人がマイニングを占有しやすくなるという問題を軽減するようにしています。