UPDATE: 2019.09.20 20:10:02

Aragon(アラゴン / ANT)とは?仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Aragon(アラゴン / ANT)
Aragon(アラゴン / ANT)
0.00円 0%
ランキング
時価総額
0.00億円
取引量(24h)
0.00億円

Aragon(アラゴン)の基本情報

公式サイト 公式サイトのページ
ホワイトペーパー ホワイトペーパーのページ
公開日 2017年05月05日
最大発行枚数 -
流通枚数 -
承認アルゴリズム -
ハッシュアルゴリズム -
Twitter Twitterのページ
Facebookページ -

Aragon(アラゴン)とは?

Aragon(アラゴン)は、Ethereum(イーサリアム)ネットワーク上に構築された分散型ネットワークプラットフォームを提供する仮想通貨です。

企業やチームの運営をする際の様々なコストの削減を目標にし、DAO(分散型自立組織)の実現を目指しています。

スペインの若き天才、ルイス・アイヴァン・クエンデ氏が21歳の時に立ち上げたプロジェクトとして注目を浴びています。

紹介動画

Aragon(アラゴン)の特徴とは?

分散型自立組織の実現を目指すAragon(アラゴン)には以下のような特徴があります。

特徴1.創始者がすごい

Aragon(アラゴン)の創始者はルイス・アイヴァン・クエンデ氏は、Aragon(アラゴン)をスタートした時点で、若干21歳。

彼は父のPCで3歳からプログラミングを学び始め、12歳の頃には、Linuxのディストリビューションを開発・リリースし、人生初の起業を果たした人物です。

その後、ブロックチェーンの可能性に感銘を受け、ブロックチェーンを利用したタイムスタンプ取得サービス「Stampery」を共同開発します。

20歳の2016年には、「Forbes誌の選ぶ30歳以下の革新的な技術者30人」、「MITの選ぶイノベーター35人」にダブル選出されました。

さらには、欧州委員会委員長の顧問等を経て、現在はdistrict0x、statusといった複数のプロジェクトのアドバイザーを兼任しています。

と、まさに天才を絵に描いたような人物が牽引するプロジェクトがAragon(アラゴン)です。

この辺りは、Ethereum(イーサリアム)の創始者であるヴィタリック・ブテリン氏に通づるところがあるのではないでしょうか。