UPDATE: 2019.05.22 10:10:01

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド / BCD)とは?仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド / BCD)
Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド / BCD)
117.88円 8.28%
ランキング
42位
時価総額
219.84億円
取引量(24h)
7.41億円

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)の基本情報

公式サイト 公式サイトのページ
ホワイトペーパー -
公開日 -
最大発行枚数 210,000,000 BCD
流通枚数 186,492,898 BCD
承認アルゴリズム X13
ハッシュアルゴリズム -
Twitter Twitterのページ
Facebookページ -

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)とは?

Bitcoin Diamond(BCD)は、Bitcoinのフォークで、ブロック495866の所定の高さで発生します。これは、X13アルゴリズムに基づくPoW / PoS暗号です。

仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)とは?


Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)はBitcoin(ビットコイン)の三番目のハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

先にハードフォークで生まれたBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)と同様に、Bitcoin(ビットコイン)の欠点を補いつつ改良を加えた仮想通貨という位置付けになります。

Bitcoin(ビットコイン)やその他のフォークコインとの最大の違いは、その発行枚数が2億1千万枚となっている点です。これはBitcoin(ビットコイン)などと比較して10倍の発行枚数になります。

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)はBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)と Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)のハイブリッド通貨と言えます(下表参照)。

項目 Bitcoin Bitcoin Cash Bitcoin Gold Bitcoin Diamond
発行枚数上限 2,100万枚 2,100万枚 2,100万枚 2億1000万枚
マイニングハードウェア ASIC ASIC GPU GPU
ブロック承認時間 約10分 約10分 約10分 約10分
ブロックサイズ 1MB 8MB 1MB 8MB
難易度調整 2週間ごと 2週間ごと ブロック生成ごと 2週間ごと

紹介動画

仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)の特徴とは?


Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)の特徴には以下のようなものがあります。

特徴1.拡大されたブロック容量


BNitcoin(ビットコイン)で問題視されているスケーラビリティ問題の解決に向けて、Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)ではブロックサイズを8MBとしています。

Bitcoin(ビットコイン)では1MBだったので8倍の量の取引を扱えるようになり、送金詰まりを緩和する狙いがあります。ちなみに、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)でも8MBを採用しています。

特徴2.Bitcoin(ビットコイン)の10倍の総発行量


Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)の最大の特徴はその発行総数です。

総発行数2億1000万枚とBitcoin(ビットコイン)の10倍の発行量に設定されています。発行枚数を増やすことで、価格上昇をおさえ、購入ハードルが下がることが期待されます。

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)では、仮想通貨への参入ハードルを下げることで、より仮想通貨の市場が発展することを狙っています。