UPDATE: 2019.03.26 09:10:01

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド / BTG)とは?仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド / BTG)
Bitcoin Gold(ビットコインゴールド / BTG)
1,368.40円 5.45%
ランキング
31位
時価総額
238.29億円
取引量(24h)
10.63億円

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の基本情報

公式サイト 公式サイトのページ
ホワイトペーパー ホワイトペーパーのページ
公開日 2017年10月25日
最大発行枚数 21,000,000 BTG
流通枚数 17,413,924 BTG
承認アルゴリズム Equihash
ハッシュアルゴリズム -
Twitter Twitterのページ
Facebookページ Facebookのページ

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)とは?

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)は2017年11月12日にBitcoin(ビットコイン)のハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

先にハードフォークで誕生しているBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)と同様に基本的な仕組みはBitcoin(ビットコイン)と共通のものになります。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)はBitcoin(ビットコイン)の送金詰まりを解決するために誕生しましたが、Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)はBitcoin(ビットコイン)のマイニングが一部の地域・業者に偏っているという問題に対応するために誕生しました。

仮想通貨Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の特徴って?

Bitcoin(ビットコイン)のマイニングの偏りを改善するために生まれたBitcoin Gold(ビットコインゴールド)には、以下のような特徴があります。

特徴1. GPUマイニング


Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)には「GPUマイニング」と呼ばれるマイニング手法が採用されています。

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)最大の特徴で、GPUマイニングでは従来の大規模なマイニング機材を用いなくてもマイニングが可能です。

これにより、一般の人でもマイニングに参加しやすくなり、ハードフォークの目的である、「マイニングの偏りの改善」を実現しようとしています。

実際、GPUマイニングの導入によって、従来のBitcoin(ビットコイン)のマイニングで利用されていた「ASICboost」によるマイニングができなくなり、Bitcoin(ビットコイン)のマイニング業者はBitcoin Gold(ビットコインゴールド)のマイニングには参入しづらくなっています。

特徴2.マイニングの難易度調整


Bitcoin(ビットコイン)ではマイニング(=1つのブロック生成)に対して約10分かかるように、2週間ごとに調整が入っていますが、Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)ではブロック生成毎に難易度を調整してマイニングが安定するようにしています。

特徴3. リプレイアタック対応が実装


「リプレイアタック」とはブロックチェーンの分岐が起きたときに、片方のチェーンの送金情報を利用して、もう片方のチェーンで不正送金を行うことです。

少し、難しいですが、ブロックチェーンの分裂時には不正送金がされやすいのですが、Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)ではこれに対応済みとなっています。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とBitcoin Gold(ビットコインゴールド)の違い

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)に先んじて、Bitcoin(ビットコイン)からハードフォークをして誕生したBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)との違いを簡単に表でご紹介します。

項目 BTC BCH BTG
ブロックサイズ 1MB 8MB 1MB
処理速度 3〜5取引/秒 20〜90取引/秒 3〜5取引/秒
ブロック生成時間 約10分 約20秒〜 約10分
マイニングハードウェア ASICboost ASICboost GPU
難易度調整 2週間ごと 2週間ごと ブロック生成ごと

この表からもわかるように、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は”スピードアップ”の改善、Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)は基本仕様は同じで”マイニングの改善”をそれぞれ目標に誕生していることがわかります。